予報とはうらはらに、全体にかすんで日差しのほとんどない小浜でした。
着いたときは、すでにジャム勝の学生と、堀校長はテイクオフに上がっていて、獅子吼組もすぐに上がりました。
予想外に風が強く、最初に堀さんが飛び、その後学生が二人飛びましたが、中間地点からシンクが強く、一人は届かず。
艇庫オフの風が強く皆さんしばらくウェイティング。
私がダミーで飛ぼうかとテイクオフへ上がってみましたがやはり風は強め。
しばらく待つと風が弱くなり、むしろ弱すぎるぐらいに急変。
私も飛びましたが、日差しはほとんどないのに何とか、弱いながらもリフトがあり、しばらくソアリング出来ました。
でも上がってもテイクオフから+80mほどが限界でしたが、久しぶりの小浜を楽しめました。
鈴木さんも飛ぶことができ、獅子吼と違って、ランディングまで距離のあるフライトエリアでよい経験が出来たと思います。
獅子吼から2時間半ほどなので、また紅葉の季節に来たいです。
エリアを管理してくれている、小南さん、サポートしてくれた上、梨のお土産までくれた宇野さんありがとうございました。
獅子吼組は私、さちよさん、鈴木さん、越井さん、渡辺さんのメンバーでした。
明日は獅子吼が飛べそうです。
写真は、テイクオフ準備している鈴木さんを上空から。