予報では晴れるようでしたが、朝から雨が降っていて、10時ころには止んだものの、べったり曇って寒い1日でした。
お昼を食べて、誰も来ないなら帰ろうかと思っていたら、藤野さんが来ました。
私もシンフォニアで飛んでみたかったので一緒に上がりました。
テイクオフへ着いたら寒いこと寒いこと。
飛ぶのをやめようかと思いましたが、せっかくなので飛びました。
朝霧で一度シンフォニアで飛んだのですが、その時は大きめのサイズで、浮きが良いこと、だけが印象に残っていましたが、今日は適正サイズの22(S相当)で飛びました。
本当にこれがEN-A?

驚くほどの高性能とハンドリングの良さです。
EN-Aの安定感と安心感があってこの性能なら、普通のレクリエーションフライヤーには、もう他のグライダーはいらないな。
私もこれで十分すぎるくらい。
テイクオフも楽だし。
昔、ハンネス・パペッシュが世界で最初に作ったといわれているDHV1の、NOVA フィルーと同じクラスとは!!
20数年たってまたすごいグライダーを作ったものです。
画像は、藤野さんのブーメランより上がっている、シンフォニア・・・ナンチャッテ、あとから出ただけです。
寒くて、早めに降りましたが、曇っていたのにリフトが豊富で、雲底840mでした。