今年も来ました、夏の獅子吼の風物詩「デサントバードマンカップ」
毎年良い条件と、豪華賞品で人気の大会ですが、今年も二日間とも、大勢のゴール者が出た素晴らしい大会になりました。
1日目の8月3日は途中渋そうな時間帯もありましたが、チャレンジクラスの中村選手は、25分というすごいタイムでゴール。
ログを見たらほんの数回しか回さず、リフト帯をうまく使って全く無駄の無い見事なフライトでした。
N2ナショナルクラスの中嶋選手も、全く無駄なセンタリングが無く、素晴らしいフライトをしてくれました。
両リーグとも大量のゴール者が出た、とても良い1日でした。
2日目も最初のうちだけ少し渋く、早々にリフライトした選手が居て、心配したのですが、すぐに条件が良くなり、2日目も大量のゴール者の笑顔がランディングにあふれました。
残念ながらお一人の方がツリーランしましたが、怪我も無くすぐに回収してもらいました。
暑い中、救助に当たってくれた、皆さんありがとうございました。
詳しいレポートは、JPAのHPで後ほど紹介されレますのでご覧ください。

今日は、スクール生の斉藤さんが初フライト。
とても落ち着いて操作でき、ランディングもソフトに上手に決まりました。
2回目の初フライトおめでとうございます。
2回目というのは20年ぐらい前に高高度を飛んだのですが、永く中断していて、再開したと言うことです。
おめでとうございました。
タンデムがお二人さん居て、私も飛びましたが、サーマルが良すぎて全然おりない。
ソロフライトなら喜んでずっと飛んでいるのですが、お客さんが酔いそうになってきたので急いでおりました。
地上は猛烈に暑かった!!!!

明日はゴンドラお休みのためスクールクローズしますが、ショップには、いる予定。
ランディングのトイレを、ウォシュレットに改装する工事が有りますので、トイレは使用できません。